AGAの治療法もどんどん進化しています

笑顔の男女の医師

プロペシア

AGAによる薄毛は、プロペシアという薄毛治療薬によって、治療することができます。薄毛の原因となるDHTという物質の働きを阻害し、頭皮を健康な状態に戻す薬であり、世界的にも広く使用されています。

Read more

髪の毛の豊富な男性の後頭部

原因

AGAの原因はDHTという酵素であることが、判明しています。よって、通常の薄毛治療ではあまり効果は期待できません。だからといって、頭皮を不健康な状態に保つと薄毛が悪化することもあるので、注意が必要です。

Read more

両手を頭の後ろに置く男性

早期治療

AGAは、早期治療が大事だといわれています。その理由は、年月を経て徐々に進行するためです。そのまま放置してしまうと、取り返しがつかなくなる可能性もあります。早めに治療を行いましょう。

Read more

親指を立てる男性

副作用

AGAの治療薬であるプロペシアには、男性機能の低下という副作用があると多くの人が認識しています。しかしながら、この副作用が現れる可能性は極めて低く、安全な薬です。

Read more

男性にのみ起こる薄毛

美容院の看板標識

AGAは正式名称を「男性型脱毛症」といい、男性のみに起こる病気です。
その原因は主に遺伝や男性ホルモンにあるといわれており、通常の頭皮ケアでは改善することができません。わかめや昆布を多く食べたり、頭皮マッサージをしたりしても改善されない可能性が高いのです。
早ければ思春期頃から発症することもあり、生え際や頭頂部付近から症状が現れます。
DHT(ジヒドロテストステロン)という酵素により、髪の毛の成長に異常をきたし、健康な髪を保つことができなくなります。
男性の薄毛の原因は、ほとんどがAGAによるものだといわれています。それだけ発症数が多くなっているため、治療法もどんどん進化しています。
そのため、早期で発見して早期治療を行えば、改善することはそこまで難しくありません。
まずは、自分がAGAであるかどうかを判断することが大事です。
そのためには、自分で薄毛が目立つようになってきた時期を思い返してみましょう。
若い内から薄毛が目立つようになっていたり、ストレスなどの原因も見当たらない場合はAGAである可能性が高いです。
また、どこから薄毛が目立つようになったかも重要な判断基準になります。AGAのほとんどは、頭頂部や生え際から症状が目立ってきて、どんどん薄毛が目立つ範囲が広がっていきます。この症状に思い当たるところがあるのであれば、AGAを疑い医療施設で治療を受けるようにしましょう。医療施設では治療薬などを用意しており、効果的に薄毛治療が行えます。

スキンヘッドでしかめっ面の男性

植毛

AGAが進行してしまうと、プロペシアだけでの治療は困難になります。しかし、そのままだとコンプレックスになることも。そういったときには、植毛という方法があります。最近では自毛を使った植毛が注目されています。

Read more

医師と話す患者

コンプレックス

薄毛が目立つようになってしまうと、大きなコンプレックスとなってしまいます。そのようなメンタル的な面においても、AGAの治療は重要なのです。しっかり治療してコンプレックスを解消し、自信を取り戻しましょう。

Read more